記事一覧

オートバックスに行ってきました

オートバックスに行ってきました先日、久しぶりにウィンドウォッシャー液を買いに近所のオートバックスへ。レジ横に何やら輝く商品・・・ナント、今不足がちな除菌ウエットティッシュが置いてあるではありませんか!愛車もウエットティッシュがが切れていたため、1つ購入♪お子様のいるご家庭でウエットティッシュが無くてお困りでしたら、オートバックスを覗いてみてくださいね。売り切れやお店によっては扱いがないかもしれません...

続きを読む

「ソレ・タコ・デュアル」

出典:クルマのイラスト制作|くーぺ様「ソレ・タコ・デュアル」このフレーズに「ピン」と来た方!相当のクルマ好きな方とお察しします。「ソレ」ックスキャブレター「タコ」足エキマニ(マフラー)「デュアル」マフラー現在の車は電子燃料噴射装置(インジェクション式)が主流ですし、エキマニも排ガス規制上、高性能な触媒が付いており、効率よりも環境に配慮されています。デュアル(2本出し)マフラーについては、純正でも採...

続きを読む

リアウイングの新しい使い方!?

リアウイングの新しい使い方!?走りに欠かせないリアウイング。ちょっと変わった使い方ができるとの噂リアウイングをテーブル替わりにランチ食べてますw新しい流行りの予感が!しませんよね(笑)...

続きを読む

3月10日は「B310の日」です

今日、3月10日は「B310の日」です出典:.wikipedia B310型は1977年11月に登場。先々代のB110型を彷彿とさせる機能的で直線的造形へと原点へ戻りました。全車OHV・A型エンジン搭載(1,200ccのA12A型と1,400ccのA14型)しています。サニーの最後のFR駆動モデルであり、B110型同様にTSレースや富士フレッシュマンレースで活躍しました。「日産 A型エンジン」現在では珍しいOHVであり、シンプルこの上なく、軽量・コンパクト...

続きを読む

ダックスが復活!?

ダックスが復活!?ホンダのダックス。レジャーバイクというジャンルを打ち立てた名車の1台。その名のとおり、ダックスフントをモチーフにしたスタイルが特徴です。タイヤはブロックパターンを採用し、スーパーカブと同型の水平エンジンを搭載しています。年式やモデルによって、クラッチ付、自動遠心クラッチ式があります。中古相場はこちら前置きが長くなりましたが、この名車ダックスが復活するという情報が!調べたところ、ベ...

続きを読む

トヨタ「コロナ」

トヨタ「コロナ」とは2ドアHT GT-TRこの「コロナ」は7代目にあたります。トップグレードである2ドアHTのGT-TR。国産初のDOHCターボエンジンである3T-GTEUを搭載していました。「ツイカンムにターボ」 う~ん。いい響き♪スクエアで角ばったボディが特徴的なスタイル。2ドアハードトップがピッタリハマっていますね。ちなみに後席の小さな窓も開閉可能で、上級グレードではナント!パワーウィンドウと...

続きを読む

3月3日は「33型の日」です

3月3日は「33型の日」です写真:スカイラインGT-Rオーテックバージョン 40th ANNIVERSARY33型の日にちなんで「R33」の話をしたいと思います。写真のスカイラインGT-Rオーテックバージョン(4ドア)は、スカイライン生誕40周年を記念して、1997年の東京モーターショーで出展後注文生産車として市販されました。2ドアGT-Rのブリスターフェンダーを再現するため、あえてリアドアとリアフェンダーのプレス型を作り直すなど、...

続きを読む

プロフィール

やまさん(カー吉)

Author:やまさん(カー吉)
はじめまして。やまさんです。
企業戦士として日々奮闘しています。
クルマ好きなカー吉です。よろしくお願いします。
<主な資格>
「カーソムリエ」

カウンター

フリーエリア

サイトポリシー

「リンク」 リンクフリーです。リンクして頂ければうれしいです。 ブログ内の画像や図等は基本的に管理人が撮影または作成したものか、 フリー素材を使用しております。 それ以外の場合は出典を明記するように心掛けています。 万が一、問題がある場合は管理人までご連絡ください。 すみやかに対処いたします。 「免責事項」 当ブログのコンテンツについては、可能な限り正確な情報を記載するよう努めておりますが、 必ずしも正確性、信頼性を保証するものではございません。 当ブログに記載された内容によって生じた、損害等の一切の責任は負いかねますのでご了承ください。 本免責事項および当ブログのコンテンツは予告なしに変更、または削除することがあります。 「著作権について」 当ブログに掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 但し、全文転載はお断りしております。 引用許可範囲についても、予告なくこれを変更することがあります。                                 以上