FC2ブログ

記事一覧

6月4日は「64馬力の日」です

6月4日は「64馬力の日」です

64馬力ということで、軽自動車の話題を。
その中でも軽自動車初のミッドシップ2シーター、ホンダ・ビートについてです。

main_image.jpg

ホンダビート
このクルマが発売された時は衝撃でした。
軽自動車というジャンルで、ミッドシップ、オープンカー、そして最新技術を投入したエンジンなど、私たちの軽自動車の概念を根底から変えてしまうほどでした。

このクルマの魅力を挙げるとキリがない位沢山あるので、絞ってお話したいと思います。
まずはスタイリング。
軽自動車枠の中でも一際目立つ、ロースタイル。スポーティーさの中にも親近感のあるボディです。
室内に目を移すとこれまた特徴的なメーターパネルです!まるでバイクを彷彿させるメーター類は走り心をくすぐります。
真ん中にタコメーター、しかも針ゼロは私の大好きな真下の6時の位置!スピードメーターまで6時の位置です。

img7.jpg

次はエンジン。
このクルマ専用に開発されたエンジンはDOHCでも、ターボでもなく、なんとSOHCの3気筒12バルブです!
ピュアレーシングにこだわったNAエンジンは、ストレスなく高回転まで回ります。
過給器無しでの64馬力は見事と言うしかありません!さすがホンダです。
そして何よりミッドシップという魅力的なレイアウト。背中からエンジン音が聴こえてくる感覚は感動的です。

img_3.jpg

当時のインプレッションはこちら。

出典:ベストモータリング

<おまけ>
ホンダビート」で検索すると、実は下のバイクも出てきます♪

main.jpg

1983年にホンダから発売されたスクーターで、一目見てわかるようにデザインが非常に奇抜w
スポーツカーのボンネット周りのようなフロントやビッグバイクのようなシートカウルなど、そのルックスは近未来的でした。
ただ、どこかチープで特撮ヒーローのマシンっぽさや、デパートの屋上のミニ遊園地にある100円で動く子供用のバイクの香りが漂っている不思議なスクーター。

ただこのビート、当時の原付自主規制最高値である最高出力7.2psをきっちりと発生させるため、ホンダが世界で初めて水冷2スト単気筒を搭載させた革命的な1台であることを忘れてはなりません。
ホンダはいつでもチャレンジングで先進的なマシンを作りますね♪


全般ランキング

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまさん(カー吉)

Author:やまさん(カー吉)
はじめまして。やまさんです。
企業戦士として日々奮闘しています。
ガンダムとクルマと音楽が好きなオサーン(カー吉)です。よろしくお願いします。
<主な資格>
「カーソムリエ」

カウンター

フリーエリア

サイトポリシー

「リンク」 リンクフリーです。リンクして頂ければうれしいです。 ブログ内の画像や図等は基本的に管理人が撮影または作成したものか、 フリー素材を使用しております。 それ以外の場合は出典を明記するように心掛けています。 万が一、問題がある場合は管理人までご連絡ください。 すみやかに対処いたします。 「免責事項」 当ブログのコンテンツについては、可能な限り正確な情報を記載するよう努めておりますが、 必ずしも正確性、信頼性を保証するものではございません。 当ブログに記載された内容によって生じた、損害等の一切の責任は負いかねますのでご了承ください。 本免責事項および当ブログのコンテンツは予告なしに変更、または削除することがあります。 「著作権について」 当ブログに掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 但し、全文転載はお断りしております。 引用許可範囲についても、予告なくこれを変更することがあります。                                 以上