記事一覧

マフラーから出る「水」は大丈夫?

マフラーから出る「水」は大丈夫?

マフラー水
※写真はイメージです

だいぶ暖かくなってきましたね♪
さて、寒い時期にマフラーから水がぽたぽた垂れているのを見たことがあると思います。
場合によっては、加速していくクルマのマフラーから大量に水がドボドボと出ていて、「えっ!?」と驚いたことがあるかもしれませんね。

最初は「あまり普段からエンジンを回していないんだろうな」なんて思っていましたが、よく考えてみたら、マフラーからなんで水が出るのか不思議に思いました。
調べてたら、ガソリンが燃焼すると、酸素と水素が結合するので水が発生します。また、触媒の作用も影響しているようです。
触媒で処理している3つのうち、炭化水素を水と二酸化炭素に変えています。この「水分」が寒い冬だと低い外気温によって水になり垂れてくるというわけですね。ちなみに湯気のように「モヤモヤ」と出ているのも同じ理由です。



通常は、長い距離を走ったり、エンジンを高回転まで回していれば排気ガスとともに水蒸気となって排出されますが、街乗り(チョイ乗り)などではほとんど排出されず、マフラー内部にどんどんと溜まってきます。冬の時期であればなおさらで、急に加速したりすると、その勢いで水が吹き出してくるとういわけです。

ということで、エンジンが故障しているわけではなく、正常な現象ではありますが、水が溜まるのはマフラーにとってはよくありません。最近は純正でも排気管をサビにくいステンレスにしたり、マフラーに小さな水抜き穴を開けたりなどの腐食対策は行なっていますが、やはり「水分」は排出したほうがマフラーにはやさしいということですね。

ちなみに、「水蒸気」ではなく「白煙」は深刻なトラブルを抱えている危険性があります。
「エンジンオイルが燃焼している」「ガスケットの破損」「オーバーヒート」など症状が改善されない場合は、整備工場などで診てもらいましょう!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまさん(カー吉)

Author:やまさん(カー吉)
はじめまして。やまさんです。
企業戦士として日々奮闘しています。
ガンダムとクルマと音楽が好きなオサーン(カー吉)です。よろしくお願いします。
<主な資格>
「カーソムリエ」

カウンター

フリーエリア

サイトポリシー

「リンク」 リンクフリーです。リンクして頂ければうれしいです。 ブログ内の画像や図等は基本的に管理人が撮影または作成したものか、 フリー素材を使用しております。 それ以外の場合は出典を明記するように心掛けています。 万が一、問題がある場合は管理人までご連絡ください。 すみやかに対処いたします。 「免責事項」 当ブログのコンテンツについては、可能な限り正確な情報を記載するよう努めておりますが、 必ずしも正確性、信頼性を保証するものではございません。 当ブログに記載された内容によって生じた、損害等の一切の責任は負いかねますのでご了承ください。 本免責事項および当ブログのコンテンツは予告なしに変更、または削除することがあります。 「著作権について」 当ブログに掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 但し、全文転載はお断りしております。 引用許可範囲についても、予告なくこれを変更することがあります。                                 以上