FC2ブログ

記事一覧

4月9日は「四駆の日」です

今日、4月9日は「四駆の日」です
「4」(よん)「9」(く)の語呂合わせです。

kurumajpg2_excerpt.jpg

日本のオフロード4WDの歴史は1951年から始まったと言われています。
それ以降、数多くの個性的なクルマが、日本を始め世界中の自動車市場を活気付けてきました。
そんな国産オフロード4WDの歴史から、名車たちを紹介したいと思います。

「ランドクルーザー40系」
特に北米では絶大な人気を誇りました。現行モデルであるFJクルーザーは、この当時のFJ40がモチーフとなったモデルです。
FJ40の有名な話として「アイドリング中にヘッドカバーに10円玉が立つ」という逸話があります。
当時、4WD用のエンジンのほとんどは粗野な性格のものが多く、大排気量の6気筒であまり高回転まで回さない、FJ40のエンジンがジェントルな印象だっとのでしょう。ワイドレシオの3速MTとの組み合わせは、2速に入れておけば市街地走行は全域カバーする扱いやすさだったと言われています。
もちろん、頑丈さや走破性の高さは、現在の「ランドクルーザーブランド」の礎となるだけのものを備えていた、まさに名車と言えるクルマですね。
FJ40.jpg
写真:トヨタ・ランドクルーザーFJ40

「三菱ジープ J57」
搭載エンジンが2.6リッター4気筒のモデルで、最高出力120PSという数字は、当時の4WD用としては画期的なハイパワーを誇っていました。
このエンジンはもともとは三菱のショーファードリブンであるデボネア用の転用ですから、全長4mのオープントップという軽量な車体には十二分な性能でした。
1101327580875510.jpg
写真:三菱ジープ J57

「トヨタ・メガクルーザー」
アメリカの軍用車HMMWVによく似た外観を持つ、日本の道路事情には似合わない大柄なボディーサイズの4WDです。
4WSやハブリダクション(ハブ部に減速機構を備え、最低地上高を高くするもの)、インボードディスク、トルセンLSD+デフロックなど、オフロード性能を究極まで高める様々な工夫が盛り込まれていました。

10102022_199601.jpg

<おまけ>
最近の四駆の希少車といえば・・・
「三菱パジェロ・エボリューション」
1997年~1999年の2年間しか販売されず、わずか2500台しか生産されていないクルマです。
二代目パジェロの末期に登場した、パリ・ダカールラリーのホモロゲーション用に少量生産された特別なモデルで、エンジンは3.5リットルV型6気筒DOHCに可変バルブタイミング機構の「MIVEC」280PSの強力なエンジンを搭載していたり、四輪独立懸架サスペンションだったりと、競技向けならではの仕様でした。
外観も結構ブリブリで「ガンダムチック」な所がイイ!ですね♪

176798.jpg
写真:三菱パジェロ・エボリューション

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまさん(カー吉)

Author:やまさん(カー吉)
はじめまして。やまさんです。
企業戦士として日々奮闘しています。
ガンダムとクルマと音楽が好きなオサーン(カー吉)です。よろしくお願いします。
<主な資格>
「カーソムリエ」

カウンター

フリーエリア

サイトポリシー

「リンク」 リンクフリーです。リンクして頂ければうれしいです。 ブログ内の画像や図等は基本的に管理人が撮影または作成したものか、 フリー素材を使用しております。 それ以外の場合は出典を明記するように心掛けています。 万が一、問題がある場合は管理人までご連絡ください。 すみやかに対処いたします。 「免責事項」 当ブログのコンテンツについては、可能な限り正確な情報を記載するよう努めておりますが、 必ずしも正確性、信頼性を保証するものではございません。 当ブログに記載された内容によって生じた、損害等の一切の責任は負いかねますのでご了承ください。 本免責事項および当ブログのコンテンツは予告なしに変更、または削除することがあります。 「著作権について」 当ブログに掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 但し、全文転載はお断りしております。 引用許可範囲についても、予告なくこれを変更することがあります。                                 以上