FC2ブログ

記事一覧

【名車烈伝】サバンナRX-7

サバンナRX-7(SA22)の魅力とは?
rx7-253-2.png
出典:クルマのイラスト制作のくーぺ

サバンナRX-7
この響き・・・若かりし頃を思い出します♪
当時はRX-7とあまり呼ばず、「サバンナ」の印象が強いですね。
デビューは1978年に初代(SA22C型)サバンナRX-7が発表されました。

エンジンは12A型水冷2ローターエンジンの自然吸気(NA)仕様を搭載していました。
基本は573cc×2の12A型ロータリーエンジンです
スペックは、130ps/7000rpm、最大トルク16.5kg・m/4000rpm。
1983年のマイナーチェンジの際に、日本仕様のみ12A型ターボエンジンが追加されました。ターボ仕様は165psを発生。
NA仕様は4バレルのダウンドドラフトキャブレタを1基使用し、ターボ仕様はEGIを使用しました。

sa22c-03.jpg
参考:マツダ12Aロータリーエンジン

1200px-Rotary_engine_rotor.jpg
参考:ローターハウジング

ロータリーの特徴を最大限に発揮したこのエンジンは、高回転まで軽やかに吹け上がります。
レシプロエンジンに比てべ圧倒的に軽量小型なため、フロントにンジンながら車体の中心近くに配置する「フロント・ミッドシップ」と呼ぶパッケージングにより、前後の重量配分は、2名乗車時で50.7対49.3と、理想的な重量配分を実現していました。
そのため、スポーツカーにふさわしい、軽快で、的確な操縦性を実現していました。

そのスタイリングも素晴らしく空気抵抗係数(Cd値)は0.36と、空気抵抗の少ない優れた数値であり、低いボンネットフード、リトラクタブルライトは、このクルマが特別であるということを表現しています。

SA22Cの緑
参考:サバンナRX-7SA22C)外観

最近はめっきり街中では見かけなくなってしまいましたが、今でもそのスタイリングは「カッコイイ」ですね!
ロータリーサウンドとともに疾走する姿を見れたらうれしいですね♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまさん(カー吉)

Author:やまさん(カー吉)
はじめまして。やまさんです。
企業戦士として日々奮闘しています。
ガンダムとクルマと音楽が好きなオサーン(カー吉)です。よろしくお願いします。
<主な資格>
「カーソムリエ」

カウンター

フリーエリア

サイトポリシー

「リンク」 リンクフリーです。リンクして頂ければうれしいです。 ブログ内の画像や図等は基本的に管理人が撮影または作成したものか、 フリー素材を使用しております。 それ以外の場合は出典を明記するように心掛けています。 万が一、問題がある場合は管理人までご連絡ください。 すみやかに対処いたします。 「免責事項」 当ブログのコンテンツについては、可能な限り正確な情報を記載するよう努めておりますが、 必ずしも正確性、信頼性を保証するものではございません。 当ブログに記載された内容によって生じた、損害等の一切の責任は負いかねますのでご了承ください。 本免責事項および当ブログのコンテンツは予告なしに変更、または削除することがあります。 「著作権について」 当ブログに掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 但し、全文転載はお断りしております。 引用許可範囲についても、予告なくこれを変更することがあります。                                 以上