記事一覧

【名車烈伝】三菱スタリオンの魅力とは

三菱スタリオンの魅力

img_80_5_e.jpg
出典:三菱自動車

三菱といえば、「ランサーエボリューション」、RVであれば「パジェロ」が有名ですね。
この、「スタリオン」という3ドアのスポーツカーを生産していたことは、一般的にはあまり知られていないようです。その理由としては、生産期間が1982〜1990年と短かったことや、日本よりもアメリカのマーケットを重視していたことなどが考えられます。

私がスタリオンを知ったきっかけは、映画「キャノンボール2」です。
キャノンボール2
出典:映画「キャノンボール2」より

ジャッキー・チェンが乗る「スタリオン」はハイテクマシンであり、印象に残るクルマでした。
独特のスタイルで、当時人気のあった「リトラクタブル・ライト」を採用。
一度は乗ってみたいなと思いました。

モータースポーツの世界では、グループAに参戦していました。
o0400030013730537092.jpg

1985年の全日本ツーリングカー選手権「インターTEC」でデビューしたスタリオンターボは、このレースを日本車最高位の4位に入りそのポテンシャルの高さを証明しました。
三菱は続く1986年から選手権にフル参戦し、デビュー4戦目で初優勝を飾りました。参戦2年目の1987年には開幕から2連勝を飾り、ランキング3位。1988年に撤退するまでにスタリオンターボは、3度の総合優勝を記録しました。
また、海外においても引き続き、プライベート勢のスタリオンターボが活躍、数々のレースで勝利を収め、各国の強豪が集うマカオGPのギヤレースでは1985~86年に2年連続で日本車最高位に輝きました。

スタリオンの特徴といえば、ワイドボディの「ブリスターフェンダー」ですね♪
私は「ガンダム的ブリブリフェンダー」大好きなので、スタリオンもファンです。


海外のチューナーのマシンが紹介されていましたので、ご紹介します。
01.jpg
出典:gazoo.com

一目見て、「カッコイイ!」と叫んでしまいました!
オーナーは、スタリオンをただ所有するだけでは飽き足らず、自らの手でモディファイを行い、レースも楽しんでいます。
スタリオンのエンジンはなんと!2010年式コルベットのLS3型V8エンジンに載せ換えられています。載せ換え作業を含め、ほぼすべてのモディファイをオーナー自ら自宅ガレージで行っていると聞いてビックリ!

02.jpg
「リアビューも存在感抜群」

06.jpg
「でもやっぱり、このブリブリ感がたまりません!」


続いては、学生の皆さんが作った「スタリオン」です。
01_w1920.jpg
写真:中日本自動車短期大学 NACスタリオンSPEC-D

11_w1920.jpg
「このブリブリ感!のガンダム的な感じがプンプンです♪」

このクルマは、中日本自動車短期大学車体整備専攻科の学生たちが作成したものです!
エンジンはなんとGT-Rの名機「RB26」が載っています。
学生達も頑張ってますね♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまさん(カー吉)

Author:やまさん(カー吉)
はじめまして。やまさんです。
企業戦士として日々奮闘しています。
ガンダムとクルマと音楽が好きなオサーン(カー吉)です。よろしくお願いします。
<主な資格>
「カーソムリエ」

カウンター

フリーエリア

サイトポリシー

「リンク」 リンクフリーです。リンクして頂ければうれしいです。 ブログ内の画像や図等は基本的に管理人が撮影または作成したものか、 フリー素材を使用しております。 それ以外の場合は出典を明記するように心掛けています。 万が一、問題がある場合は管理人までご連絡ください。 すみやかに対処いたします。 「免責事項」 当ブログのコンテンツについては、可能な限り正確な情報を記載するよう努めておりますが、 必ずしも正確性、信頼性を保証するものではございません。 当ブログに記載された内容によって生じた、損害等の一切の責任は負いかねますのでご了承ください。 本免責事項および当ブログのコンテンツは予告なしに変更、または削除することがあります。 「著作権について」 当ブログに掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 但し、全文転載はお断りしております。 引用許可範囲についても、予告なくこれを変更することがあります。                                 以上