記事一覧

【閑話休題】 一十百千万 のススメ

「一十百千万」 のススメ

252455-300x225.jpg

今日はクルマの話題をお休みして「健康・長生き」のお話をしたいと思います。
高齢者の事故が増加傾向にあり、社会問題となっていますが、カー吉たるもの末永クルマライフを続けていきたいので、健康と長生きは重要な課題です。

さて、皆さんは「一十百千万のススメ」という言葉を聞いたことがありますか?
今回は「けんぽれん」さんの記事を引用させていただき、ご紹介したいと思います。

この言葉は「一読、十笑、百吸、千字、万歩のすすめ」のことで「心身ともに健康で長生きするための知恵」を簡単にまとめたものです。

「一読」とは
一日に一度は少し難しめの文章を読みましょうということです。
新聞であれば社説のコラムなどを、スマホやパソコンであれば「はてなブックマーク」の政治経済コーナーなどがオススメです。
これだけでも結構いい頭の体操になります。

「十笑」とは
一日に少なくとも十回は大笑いするようにしましょう、ということです。昔から「笑う」ことは健康に良いと言われていますが、笑うことで免疫機能が強化され、がんの進行等が抑制されることが明らかになってきたとのことです。
人と話す事はもちろんですが、落語やお笑い番組なども録画しておき、時間を作って観るのもオススメですね。
今は、ユーチューブでも「おもしろネタ」の動画は数多く投稿されているので、こちらもオススメです。

「百吸」とは
一日に少なくとも百回は深呼吸しましょう、ということです。
深呼吸すると、副交感神経の緊張が高まって、神経の高ぶりが治まるといいます。また、脈拍は遅くなり、血圧も下がり、筋肉の緊張が低下して、動脈中の酸素が増加します。
昔から緊張するときは「深呼吸」と言われるくらい、「呼吸」は人間にとって重要です。仕事や家事の合間に「いっぷく」の意味で
深呼吸を入れてみましょう。

「千字」とは
一日に千字くらいは文字を書きましょう、ということです。日記や手紙を書くのがいいでしょう。
文章を書くには結構頭を使います。ときには辞書を引くことも必要です。
このとき「パソコン」ではなく、鉛筆で「字」を書くようにしましょう。

「万歩」とは
一日に一万歩は歩きましょう、ということです。
足は第二の心臓とも言われ、歩くことで下肢にたまっている血液が心臓に戻りやすくしています。
また、歩くことは骨に加重をかけることで骨粗しょう症の予防にもなります。さらに歩くことは、メタボリック症候群の予防、ストレス解消に役立ちます。
一日に一万歩と聞くと「え~、無理!」と感じるかもしれませんが、決して不可能な数字ではありません。
最寄の駅まで片道20分、往復40分で大体「5000~6000歩」になります(個人差はあります)
あとは、階段を使う、ちょとの距離は自転車ではなく「歩く」事で歩数は増えます。

始めは無理をせず、徐々に楽しみながら続けていきましょう!

自分自身が健康であれば、自動車の技術の進歩あり「サポート」とういカタチで技術の提供をしてもらいながら楽しいカーライフを送ることが可能になるのではと思います。
自動運転は「運転の楽しみが減る」のではなく「運転を楽しむためのお助けマン」であると私は考えます。

みなさんも「一読、十笑、百吸、千字、万歩」を実行してみませんか?

出典:けんぽれん
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまさん(カー吉)

Author:やまさん(カー吉)
はじめまして。やまさんです。
企業戦士として日々奮闘しています。
ガンダムとクルマと音楽が好きなオサーン(カー吉)です。よろしくお願いします。
<主な資格>
「カーソムリエ」

カウンター

フリーエリア

サイトポリシー

「リンク」 リンクフリーです。リンクして頂ければうれしいです。 ブログ内の画像や図等は基本的に管理人が撮影または作成したものか、 フリー素材を使用しております。 それ以外の場合は出典を明記するように心掛けています。 万が一、問題がある場合は管理人までご連絡ください。 すみやかに対処いたします。 「免責事項」 当ブログのコンテンツについては、可能な限り正確な情報を記載するよう努めておりますが、 必ずしも正確性、信頼性を保証するものではございません。 当ブログに記載された内容によって生じた、損害等の一切の責任は負いかねますのでご了承ください。 本免責事項および当ブログのコンテンツは予告なしに変更、または削除することがあります。 「著作権について」 当ブログに掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 但し、全文転載はお断りしております。 引用許可範囲についても、予告なくこれを変更することがあります。                                 以上