記事一覧

1月17日は「117クーペ」の日です

1月17日は「117クーペ」の日です出典:クルマのイラスト制作のくーぺ1968年は、自動車業界にとって、マイカー時代の本格的な到来を告げた年と言われています。そしてこの年は、いすゞ自動車にとっても記念すべき年であります。自動車デザイン史に大きな足跡を残した名車、あのジウジアーロ氏のデザインによる名車117 クーペがデビューした年なのです。エレガントなスタイルでありながら、スポーツマインドを存分に感じさせてく...

続きを読む

1月10日は「ケンメリ(KPGC110)の日」です

1月10日は「ケンメリ(KPGC110)の日」です出典:クルマのイラスト制作のくーぺ1973年1月「ハードトップ2000GT-R」(KPGC110型)を追加。先代同様S20型エンジン(1989cc 160ps/7000rpm、18.0kgm/5600rpm)を搭載し、専用ラジエータグリル、前後オーバーフェンダー、リアスポイラー等を装備する他、先代では標準でなかったラジオが標準装備されました。排出ガス規制の影響もあり、わずか197台しか生産されませんでした。ただ、...

続きを読む

日産 180SX(ワンエイティ―)の魅力とは

日産 180SX(ワンエイティ―)の魅力とは出典:日産自動車今日は1月8日という事で、「1」と「8」にちなんで名車のご紹介。そのクルマは「180SX」です!180SX(ワンエイティエスエックス)とは、日産自動車が製造していたクーペです。走り好きな人の間ではSXの部分を省略し、ワンエイティと呼ばれていました。S13型シルビアとは姉妹車(同型番車種)で、ガゼールとともにシルビアの姉妹車として知られています。180SXは...

続きを読む

1月6日は1.6リッターの日です

1月6日は1.6リッターの日です1.6リッター 通称「テンロク」この排気量のクラスには名車ぞろいでありますが、今回はエンジンに絞ってみたいと思います。トップバッターはF1からホンダの「RA621H」 1.6リッターV6ターボ写真はRA618H 出典:ホンダ約1000馬力(未公表)以上を最高回転数:15,000rpm(レギュレーションで規定)で発生します。エンジン(ICU)、MGU-K、MGU-H、エネルギー貯蔵装置(ES)、ターボチャージャー、...

続きを読む

1月5日は1.5リッターの日です

1月5日は1.5リッターの日です全国的には「いちごの日」なんですが、カー吉はやっぱりクルマ関係でということで♪さて、「1.5リッター」のエンジンも実に歴史があります。紹介するエンジンは、過去に搭載されていたエンジンがメインとなっています。まずは1番手HondaのV6ターボエンジン「RA168E」「80年代 F1ターボ最盛期」1.5リッターV6ターボ出典:Formula1-Data88年はターボF1時代がついに終わりを告げる年でもありま...

続きを読む

ありがとう!ホンダF1

ありがとう!ホンダF12021年を最後にF1から撤退を発表したホンダ。最終年にフェルスタッペン選手がドライバーズチャンピオンとなり幕を閉じました。来年はホンダがいないんだよな~と思いに更けていたところ、たまたま都内に行く用事があったので、ホンダ青山ビルへ行ってきました。レッドブル・ホンダのマシンアルファタウリのマシンもありましたほとんど写真しか無い記事ですがお許しをw何時間居ても飽きない場所ですが、次か...

続きを読む

「軽油」に注意!

「軽油」に注意!!以前から「給油」にまつわるトラブルは意外と多いのですが、なかでも「軽自動車へ軽油」を入れてしまったトラブルは未だに発生しているとのことです。声を大にして「軽自動車へ軽油は絶対ダメです!」軽自動車の燃料は「ガソリン」です。間違って「軽油」を入れてしまうと大変です!最悪の場合エンジンが故障してしまいます。ここでは影響や原理は省略させていただきますが給油時は細心の注意を!参考:JAFホー...

続きを読む

プロフィール

やまさん(カー吉)

Author:やまさん(カー吉)
はじめまして。やまさんです。
企業戦士として日々奮闘しています。
クルマ好きなカー吉です。よろしくお願いします。
<主な資格>
「カーソムリエ」

カウンター

フリーエリア

サイトポリシー

「リンク」 リンクフリーです。リンクして頂ければうれしいです。 ブログ内の画像や図等は基本的に管理人が撮影または作成したものか、 フリー素材を使用しております。 それ以外の場合は出典を明記するように心掛けています。 万が一、問題がある場合は管理人までご連絡ください。 すみやかに対処いたします。 「免責事項」 当ブログのコンテンツについては、可能な限り正確な情報を記載するよう努めておりますが、 必ずしも正確性、信頼性を保証するものではございません。 当ブログに記載された内容によって生じた、損害等の一切の責任は負いかねますのでご了承ください。 本免責事項および当ブログのコンテンツは予告なしに変更、または削除することがあります。 「著作権について」 当ブログに掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 但し、全文転載はお断りしております。 引用許可範囲についても、予告なくこれを変更することがあります。                                 以上