FC2ブログ

記事一覧

いつかはクラウン

いつかはクラウンいつかは「クラウン」このフレーズにピンときた方は私と同じ年代くらいでしょうか?物心ついた時から私の中で、「クラウン」は王者として君臨していました。存在感のある「フロントマスク」高級感抜群の「内装」心地よい「エンジン音」挙げたらキリが無いほどw都会を少し離れると、農家の方のメインカーとしても多くのかたが所有されています。そんな誰もが愛するクラウンも気がつけば「14代目」となりました。...

続きを読む

東京スーパーカー・デイに行ってきました!

東京スーパーカー・デイに行ってきました!11月1日の「スーパーカーの日」を記念して、お台場ガンダム前にスーパーカーが集結しました!このイベントは、日本国産車・輸入車のスーパーカー・スポーツカーを100台以上展示してあります。さらに入場無料!日本最大級のスーパーカーイベントです。まずは、ランボルギーニ。いつ見てもランボは魅力的です。ちなみに後ろに見える「脚」はユニコーンガンダムです♪そしてフェラーリ...

続きを読む

がんばれ!トロロッソ・ホンダ!(ブラジルGP開催)

がんばれ!トロロッソ・ホンダ!(ブラジルGP開催)いよいよ今年のF1グランプリも第20戦目を迎えます。場所はブラジル。フリー走行1回目、2回目ともに順調にプログラムをこなした、我らが「トロロッソ・ホンダ」ガスリー選手が12番手タイム、ハートレー選手は19番タイムを記録しています。今日の予選が楽しみですね!...

続きを読む

プリウスが引退!?

プリウスが引退!?トヨタのハイブリッドカーの代名詞「プリウス」日本のレース界でもスーパーGTなどで活躍しているのはご存知かと思います。そんな馴染みのあるプリウスですが、今年でスーパーGTから引退するとの情報が入ってきました!まずは、どんなクルマなのか簡単に振り返りたいと思います。出典:スーパーGTnetべースはもちろん「プリウス」なのですが、中身はほぼ別物♪レースに特化したマシンです。エンジン搭載位置...

続きを読む

トヨタの販売店が統合!?

トヨタの販売店が統合!?今後はどうなるの?先日、トヨタ自動車が国内の販売改革に踏み切り、今後はクルマがモデルチェンジする機会を捉えて、各系列の専売車種を全ての系列で取り扱う形に切り替えていくとのことです。つまり、全ての店舗で全てのクルマを購入できるようにするということです。また、車種も現状の60車種から30車種に半減させる方針も打ち出しています。トヨタの国内販売店舗は、「トヨタ店」「トヨペット店」...

続きを読む

ケンブロックとトラックが競演!!

ケンブロックとトラックが競演!!※この「フーニトラック」は1977年型フォードF-150がベースとなっています「ケン・ブロック・ジムカーナシリーズ」は、ケン・ブロック選手による”神業”ともいえる圧倒的なドライビングテクニックと、そのド派手な演出で全世界でも圧倒的な再生回数を誇る動画です。皆さんもその迫力あるドライビング&アクションを一度は見たことがあるのではないでしょうか。このマシンの心臓部にはWEC世界耐久選...

続きを読む

「ゴムとタイヤの博物館」に行ってきました

「ゴムとタイヤの博物館」に行ってきました写真:BRIDGESTONE TODAY外観ブリヂストン東京工場に隣接しています「BRIDGESTONE TODAY」に行ってきました。場所は東京多摩西部に位置する小平市にあります。あの元F1ドライバーのミハエル・シューマッハさんも訪れたことがのあるとの噂があるブリヂストン工場です。入場は無料で、駐車場も数台分ではありますが用意されています。1Fはブリヂストンの歴史やモータースポーツ活動のコ...

続きを読む

プロフィール

やまさん(カー吉)

Author:やまさん(カー吉)
はじめまして。やまさんです。
企業戦士として日々奮闘しています。
ガンダムとクルマと音楽が好きなオサーン(カー吉)です。よろしくお願いします。
<主な資格>
「カーソムリエ」

カウンター

フリーエリア

サイトポリシー

「リンク」 リンクフリーです。リンクして頂ければうれしいです。 ブログ内の画像や図等は基本的に管理人が撮影または作成したものか、 フリー素材を使用しております。 それ以外の場合は出典を明記するように心掛けています。 万が一、問題がある場合は管理人までご連絡ください。 すみやかに対処いたします。 「免責事項」 当ブログのコンテンツについては、可能な限り正確な情報を記載するよう努めておりますが、 必ずしも正確性、信頼性を保証するものではございません。 当ブログに記載された内容によって生じた、損害等の一切の責任は負いかねますのでご了承ください。 本免責事項および当ブログのコンテンツは予告なしに変更、または削除することがあります。 「著作権について」 当ブログに掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 但し、全文転載はお断りしております。 引用許可範囲についても、予告なくこれを変更することがあります。                                 以上