記事一覧

ヘッドライト点いてますか?

ヘッドライト点いてますか?最近、夜間に運転していると「無灯火」の車を見かけることがよくあります。先日は一晩で3台の車を見かけました!「きっと点け忘れているんだなぁ」と思い、できる限りパッシングをしてお知らせしましたが、気づいていただけたのは1台だけでした。。。さて、なぜ夜間にも関わらず「ライト」を点け忘れてしまうのでしょうか?その原因は2点あると思います。1点目は、車のメーターが自発光式であることが...

続きを読む

【宣伝】土屋圭市さんがYouTube始めました!

【宣伝】土屋圭市さんがYouTube始めました!ドリキンあの、ドリキンこと土屋圭市さんがYouTubeを始めるとの告知がありました!内容についてはまだ詳しいことはわかりませんが、そこはドリキン!車の魅力を存分に伝えてくれると思います♪今後の配信が楽しみですね!ドリキン伝説の1つ!...

続きを読む

給油はこまめがお得!?

給油はこまめがお得!? みなさんはガソリンスタンドで給油するとき、満タンで入れていますか?それとも、20Lや2000円など数量や金額を指定して入れていますか?そこで、ふと疑問が湧いてきました!疑問「給油は、満タンにしたほうがいいの?」それとも、「半分程度にしたほうがいいの?」ちなみに、私は通常は半分程度の給油がメインで、遠出するときは満タンにしています♪さて、素朴な疑問ではありますが、少し調べてみました。...

続きを読む

2月9日は「2駆の日」です

2月9日は「2(に)9(く)で2駆の日です!出典:クルマのイラスト制作のくーぺ2駆といえばFR。真っ先に思い浮かぶのは日本を代表する名車「AE86」ですね。でも、忘れちゃいけないのはBMWです!(←個人的な意見ですw)BMWは4ドアセダン車をメインに据えつつもスポーティーなクルマをつくり続けています。駆動方式についてもフロントエンジン・リアドライブ方式(FR)の後輪駆動にこだわり、エンジンも直列6気筒へのこ...

続きを読む

カンガルーがレースを先導!?

カンガルーがレースを先導!?先日、オーストラリアのマウント・パノラマ・サーキットで開催された「リキモリ・バサースト12時間レース」で珍しい出来事がありました。それは・・・コース内に何匹ものカンガルーが侵入したのですwこのカンガルーたちはコース内に入ると道を横断するのではなく、レースカーを先導するかのようにコースを進み始めました。さすがにレースは赤旗中断となりましたが、何ともオーストラリアらしい「ほっ...

続きを読む

2月7日は「TE27」の日です

今日2月7日は「TE27」の日です出典:ウィキペディアTE27型(1972年-1974年)はカローラレビンの元祖(初代)です。スタイルは今見ても魅力的ですね♪何と言っても「オーバーフェンダー」がいいですね。エンジンは「2T-G型」 1.6L 直4 DOHCを筆頭にバリエーションがあります。駆動方式はもちろんFR♪最高出力は2T-G型 115ps/6,400rpm今でこそ最高出力(馬力)は平凡ですが、車重が855kgと軽量なためキビキビ走りが特徴で...

続きを読む

2月4日は「2.4リッター」の日です

今日、2月4日は「2.4Lの日」です2.4リッターエンジン。ラインアップ的には少ないように思いますが、400ccのピストン×6発などバランス的には取れているエンジンだと思います。まずは1番手「F1」から2.4L+V8 (2006年-2013年)スピード抑制とコスト削減を理由に、それまでの3リッターV10エンジンに代わり導入されたのが2.4リッターV8エンジンです。導入された当初はエンジン回転数に制限はなかったものの、段階を...

続きを読む

プロフィール

やまさん(カー吉)

Author:やまさん(カー吉)
はじめまして。やまさんです。
企業戦士として日々奮闘しています。
クルマ好きなカー吉です。よろしくお願いします。
<主な資格>
「カーソムリエ」

カウンター

フリーエリア

サイトポリシー

「リンク」 リンクフリーです。リンクして頂ければうれしいです。 ブログ内の画像や図等は基本的に管理人が撮影または作成したものか、 フリー素材を使用しております。 それ以外の場合は出典を明記するように心掛けています。 万が一、問題がある場合は管理人までご連絡ください。 すみやかに対処いたします。 「免責事項」 当ブログのコンテンツについては、可能な限り正確な情報を記載するよう努めておりますが、 必ずしも正確性、信頼性を保証するものではございません。 当ブログに記載された内容によって生じた、損害等の一切の責任は負いかねますのでご了承ください。 本免責事項および当ブログのコンテンツは予告なしに変更、または削除することがあります。 「著作権について」 当ブログに掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 但し、全文転載はお断りしております。 引用許可範囲についても、予告なくこれを変更することがあります。                                 以上