FC2ブログ

記事一覧

BOSS GPとは?

BOSS GPとは?「BOSS GP」というレースをご存知ですか。BOSS GPは、過去のフォーミュラカーを使用して行われる混走レースで、「Big Open Single Seater」の略です。レースにはF1のほかGP2、F3000といったマシンが参加しています。その歴史は意外と古く、95年にBOSS・フォーミュラという名前でスタートしました。2001年にはユーロ・BOSSとなり、2010年に現在のBOSS GPとなりました。マシンを見てみると、往年の懐かしいクルマが参戦...

続きを読む

がんばれ!!トロロッソ・ホンダ(番外編)

がんばれ!トロロッソ・ホンダ(番外編)F1は今、短い夏休みに入っています♪ですのでレースリポート的なものはないのですが、我らがトロロッソ・ホンダのハートレー選手とガズリー選手がサーキットのコースサイドから解説してくれている嬉しい動画がUPされています!おそらく練習走行での1コマだと思いますが、ホンダサウンドのリアルさも最大限に感じられます。さらにハートレー選手の人柄の良さがわかる貴重なVTRですね...

続きを読む

バイク?それともクルマ?

バイク?それともクルマ?この乗り物(モビリティ)はドイツの「iEV1社」が設計した「iEVX」です。全長を自在に変更できるという、とても興味深いクルマです(あえてカー吉はクルマと呼ばせていただきます)今日は「1人乗り」明日は2人乗り」というように、移動時のスタイルに合わせてサイズを変更できます。これは「プロトタイプ」で現在クラウドファンディング中とのことですが、約1,850ユーロ(日本円で約23万円)から手に...

続きを読む

ヒール・アンド・トゥーは難しい・・・

ヒール・アンド・トゥーは難しい・・・※写真はイメージです本題の前になぜ走行中にブリッピングが必要なのかを簡単にご説明します。私が免許を取った頃(今から約20年前)、走りのテクニックの一つでブリッピングいわゆるヒールアンドトゥーが必須でした。このテクニックはコーナーの手前で減速して、シフトダウンする時にエンジンの回転を少し上げて、加速時に最適なパワーバンドになるように、ブリッピング(いわゆる空ぶかし)して...

続きを読む

8月6日は「ハチロク」の日です!

8月6日は「ハチロク」の日です!今日、8月6日は8「ハチ」6「ロク」の日です。そうなんです!あの名車「ハチロク」の日なんです。クルマ好きな人なら誰もが知ってるハチロク、いまだに人気のあるAE86に拍手です!あの「ドリキン」こと土屋圭一氏も大絶賛のクルマ。プライベートでもレースでも大活躍しました!エンジンもテンロク4気筒最強と呼ばれた・・・名機「4A-G」1.6L DOHC 16バルブ!チューニング...

続きを読む

シボレーカマロはカッコイイ!

シボレー・カマロとは出典:クルマのイラスト制作のくーぺさん「カマロ」写真は3代目カマロ「シボレー・カマロ」とは、ゼネラルモーターズ(GM)がシボレーブランドで生産・販売している、2ドアハードトップ、クーペおよびオープンカーです。ちなみに、名前の由来はフランス語で「友人」を意味するそうです。アメリカンなロングノーズのスタイルを始め、随所にアメ車らしさが感じられます。現在カマロは6代目となっていて、日...

続きを読む

ポルシェの上にポルシェが!?

ポルシェの魅力とは出典:クルマのイラスト制作のくーぺさんポルシェの上にポルシェが!?私の憧れの1台である、ポルシェ。山口百恵さんの有名な曲のフレーズにも出てきましたね!懐かしいです。さて、ポルシェと言えば一目見てそれと分かるスタイリングが特徴ですね♪このデザインはポルシェにしか出せないと思います(^o^)個人の意見です。それからやっぱり水平対向エンジンですね!フラット6と呼ばれた名機を更にリヤに搭載し、R...

続きを読む

プロフィール

やまさん(カー吉)

Author:やまさん(カー吉)
はじめまして。やまさんです。
企業戦士として日々奮闘しています。
ガンダムとクルマと音楽が好きなオサーン(カー吉)です。よろしくお願いします。
<主な資格>
「カーソムリエ」

カウンター

フリーエリア

サイトポリシー

「リンク」 リンクフリーです。リンクして頂ければうれしいです。 ブログ内の画像や図等は基本的に管理人が撮影または作成したものか、 フリー素材を使用しております。 それ以外の場合は出典を明記するように心掛けています。 万が一、問題がある場合は管理人までご連絡ください。 すみやかに対処いたします。 「免責事項」 当ブログのコンテンツについては、可能な限り正確な情報を記載するよう努めておりますが、 必ずしも正確性、信頼性を保証するものではございません。 当ブログに記載された内容によって生じた、損害等の一切の責任は負いかねますのでご了承ください。 本免責事項および当ブログのコンテンツは予告なしに変更、または削除することがあります。 「著作権について」 当ブログに掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 但し、全文転載はお断りしております。 引用許可範囲についても、予告なくこれを変更することがあります。                                 以上