記事一覧

日本の「ライトバン」を振り返って・・・

日本の「ライトバン」を振り返って写真:日産ADバン今回は商用バン、通称「ライトバン」にスポットを当てたいと思います。日本で「ライトバン」というと、それぞれの車の中では比較的小型で、積載量の少ないものをそう呼んでいます。日本の自動車が小型車中心であることからこの呼び名が定着していますが、最近ではカタログ表記も単に「バン」とされることが多いようです。日本では貨物自動車の一種で、2ボックス、1.5ボックス、...

続きを読む

走り屋の味方 レッカー屋さん

レッカー屋さんは走り屋の味方♪カーライフを送る上で、避けて通れないのが「故障」と「事故」ですね。どちらも出来れば遭わないに越した事はないのですが・・・そんな万が一の時に頼りになるのが「レッカー屋さん」ですね♪チョッと懐かしい話題を。「ナカツレッカー」このフレーズに「ピン!」と来た30代後半~40代半ばの方は、元走り屋さんですね!なつかし~と思われたのではないのでしょうか。ナカツレッカーさんは茨城県に...

続きを読む

クルマの「クラクション」について

クルマの「クラクション」についてクルマに純正で装着されている「クラクション」又は「ホーン」。皆さんは使ってますか?おそらく「ほとんど使用しない」「今まで鳴らしたことないなあ」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?正しく使用すれば「コニュニケーション」や「危険回避」の強い味方になりますので、おさらいしたいと思います。例えば、前方の信号が「赤で」停止していたとします。信号が「青」になったのに気が...

続きを読む

2018年 スーパーフォーミュラ第1戦 鈴鹿 決勝

2018年 スーパーフォーミュラ第1戦 鈴鹿 決勝スーパーフォーミュラ選手権開幕戦の決勝レースは、山本尚貴選手(TEAM MUGEN)がポールトゥーウィンで優勝を飾りました。予選では「HONDAエンジン」のマシンが上位5グリッドを獲得しており、ホンダ有利かと思われましたが、決勝では「TOYOTAエンジン」のマシンもその速さを発揮しました。10位まではこちら。...

続きを読む

2018年 スーパーフォーミュラ第1戦 鈴鹿 予選

2018年 スーパーフォーミュラ第1戦 鈴鹿 予選※10位まではこちら決勝は本日4月22日(日)13:50~ 51周で争そわれます!予選の模様はこちら...

続きを読む

いよいよ 2018年スーパーフォーミュラ開幕です!

いよいよ 2018年スーパーフォーミュラ開幕です!いよいよ、スーパーフォーミュラが開幕します!日本の最高峰フォーミュラ、開幕戦は「鈴鹿」です。今シーズンはどんな戦いが繰り広げられるのでしょうか?楽しみです♪<スケジュール>予選 4月21日(土)15:45~決勝 4月22日(日)13:50~今シーズン注目のマシンはコレ!出典:www.msn.com今季からピンクのカラーリングのUOMO SUNOCO TEAM LEMANSのマシンで...

続きを読む

最近見かけない「アースベルト」は?

最近見かけない「アースベルト(チェーン)」は?※写真はイメージです私が子どもの頃は、多くのクルマがリアのバンパー付近からベルトやチェーンを垂らしていたのを覚えています。しかしながら、最近はめっきり見なくなりました。果たして、このパーツはどこへ行ってしまったのでしょうか?探したら、ありました!商品名は「アースベルト」でした。出典:楽天市場効果のほどは???一応「静電気除去」パーツとして分類されていま...

続きを読む

プロフィール

やまさん(カー吉)

Author:やまさん(カー吉)
はじめまして。やまさんです。
企業戦士として日々奮闘しています。
ガンダムとクルマと音楽が好きなオサーン(カー吉)です。よろしくお願いします。
<主な資格>
「カーソムリエ」

カウンター

フリーエリア

サイトポリシー

「リンク」 リンクフリーです。リンクして頂ければうれしいです。 ブログ内の画像や図等は基本的に管理人が撮影または作成したものか、 フリー素材を使用しております。 それ以外の場合は出典を明記するように心掛けています。 万が一、問題がある場合は管理人までご連絡ください。 すみやかに対処いたします。 「免責事項」 当ブログのコンテンツについては、可能な限り正確な情報を記載するよう努めておりますが、 必ずしも正確性、信頼性を保証するものではございません。 当ブログに記載された内容によって生じた、損害等の一切の責任は負いかねますのでご了承ください。 本免責事項および当ブログのコンテンツは予告なしに変更、または削除することがあります。 「著作権について」 当ブログに掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 但し、全文転載はお断りしております。 引用許可範囲についても、予告なくこれを変更することがあります。                                 以上