記事一覧

レースカテゴリ「ラリークロス」について

レースカテゴリ「ラリークロス」についてラリークロスとはダートとアスファルト路面が入り混じったサーキットで行われる、レースとラリーを組み合わせた競技のことです。出典:http://www.fiaworldrallycross.com/特徴的なのが「ジョーカーラップ」と言って、必ず一度は遠回り(もしくはショートカット)コースを走るというルールがあり、レース展開を盛り上げるために導入されていて、戦略性や順位の入れ替わりがあってとても面白...

続きを読む

2018 スーパーGT第3戦鈴鹿 決勝 結果

2018 スーパーGT第3戦鈴鹿 決勝 結果GT500クラスはポールポジションからスタートした8号車 ARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也組、BS)がポールトゥーウィンで優勝!2位には100号車 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン組、BS)が入り、ホンダNSX-GTが開幕戦に続いて1-2フィニッシュとなりました。3位にレクサスの1号車 KeePer TOM'S LC500(平川亮/ニック・キャシディ組、BS)が入りました。GT300クラスはレース後半の5台...

続きを読む

2018 スーパーGT第3戦鈴鹿 予選 結果

2018 スーパーGT第3戦鈴鹿 予選 結果スーパーGT第3戦は5月19日、鈴鹿サーキットで予選が行われ、スーパーGT500クラスはARTA NSX-GTが、GT300クラスはK-tunes RC F GT3がポールポジションを獲得しました。GT500クラスはトップ5台中なんとNSXが4台しめており、このサーキットでの相性の良さが際立っています。GT300クラスはGT3、マザーシャーシ、JAF GT300が僅差で競っていて見所満載です!明日、5...

続きを読む

世界最速の芝刈り機!?

世界最速の芝刈り機!出典:ホンダこんな芝刈り機欲しかった!!!この世界最速の芝刈り機こと「HF2620改」は、レーシングカーの様な走りと最高速度記録樹立を目指して改造された特別な乗用芝刈機で、2013年7月にイギリスにて公開されて話題を呼びました。なんと、最高速度記録時速187.60kmの新記録を樹立し、ギネス世界記録に認定されています。量産モデルに積まれていた614ccV型2気筒OHVエンジン(20馬力)を、ホンダの大型スポ...

続きを読む

V-MAXの圧倒的な存在感

V-MAXの圧倒的な存在感ヤマハの名車「V-MAX」その圧倒的な存在感は他のマシンの追従を許しません!その車体はネイキッドタイプともアメリカンタイプともとれない独特なものです。エンジンは水冷4ストローク70°V型4気筒DOHC1,198ccをベースに、Vブーストシステムが組み込まれれていました。類を見ない、そのマッチョなフォルムからドラッグレース車両を彷彿させます。特徴のある大容量エアクリーナーが内蔵されたタンクカ...

続きを読む

最高出力は3,100馬力!!!

最高出力は3,100馬力!!!出典:AMGメルセデスベンツAMGの記事はこちら今日5月15日にちなんで「515」。シガーレット・レーシング515・プロジェクト・ワンについてお伝えします。いつもは、ほぼクルマ、たまにバイクの記事なのですが、今回はボートのお話です。このスタイルにこのカラーにグッときてしまいましたw3100馬力もスゴイですね!エンジン2基にそれぞれターボらしきものが2基装着されていて、これは確かに「パワ...

続きを読む

F1 第5戦 スペインGP 決勝

F1 第5戦 スペインGP 決勝F1第5戦スペインGP決勝レースは、ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトン(メルセデス)がポール・トゥ・ウィンを飾りました。2位はバルテリ・ボッタス(メルセデス)でメルセデスのワンツーフィニッシュでした。<決勝結果>われらが、トロロッソ・ホンダ は前日の大クラッシュから復帰したブレンドン・ハートレーが12位、ピエール・ガスリーはリタイアでした。次戦モナコGPは、5...

続きを読む

プロフィール

やまさん(カー吉)

Author:やまさん(カー吉)
はじめまして。やまさんです。
企業戦士として日々奮闘しています。
ガンダムとクルマと音楽が好きなオサーン(カー吉)です。よろしくお願いします。
<主な資格>
「カーソムリエ」

カウンター

フリーエリア

サイトポリシー

「リンク」 リンクフリーです。リンクして頂ければうれしいです。 ブログ内の画像や図等は基本的に管理人が撮影または作成したものか、 フリー素材を使用しております。 それ以外の場合は出典を明記するように心掛けています。 万が一、問題がある場合は管理人までご連絡ください。 すみやかに対処いたします。 「免責事項」 当ブログのコンテンツについては、可能な限り正確な情報を記載するよう努めておりますが、 必ずしも正確性、信頼性を保証するものではございません。 当ブログに記載された内容によって生じた、損害等の一切の責任は負いかねますのでご了承ください。 本免責事項および当ブログのコンテンツは予告なしに変更、または削除することがあります。 「著作権について」 当ブログに掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 但し、全文転載はお断りしております。 引用許可範囲についても、予告なくこれを変更することがあります。                                 以上