記事一覧

3月1日は「R31」の日です

3月1日は「R31」の日です!※公式ではありません。完全な語呂合わせです。写真はGTS-R(限定モデル)このGTS-Rは、当時のグループAのホモロゲーションモデルとして800台限定で生産された希少マシンです!今では中々お目にかかれない名車です♪※星野一義さんの現役時代「片輪走法」R31が登場した時に、衝撃を受けたのが・・・「オートスポイラー」です!自動で出てくるフロントリップスポイラー!もう感激しましたね~♪RB2...

続きを読む

運転席が2つ?!

運転席が2つ?!どっちが前?運転席が2つ?このクルマは学生が作成したカスタムカーです。2台のヴィッツをつなぎ合わせていて、それぞれ運転が可能です。ただ、2人の息が合わないと真っすぐ走るのは大変そうですwビデオオプションで紹介されています。            ↓学生のアイデアはスゴイですね!...

続きを読む

2月9日は「2駆の日」です

2月9日は「2(に)9(く)で2駆の日です!出典:クルマのイラスト制作のくーぺ2駆といえばFR。真っ先に思い浮かぶのは日本を代表する名車「AE86」ですね。でも、忘れちゃいけないのはBMWです!(←個人的な意見ですw)BMWは4ドアセダン車をメインに据えつつもスポーティーなクルマをつくり続けています。駆動方式についてもフロントエンジン・リアドライブ方式(FR)の後輪駆動にこだわり、エンジンも直列6気筒へのこ...

続きを読む

今日2月7日は「TE27」の日です

今日2月7日は「TE27」の日です出典:ウィキペディアTE27型(1972年-1974年)はカローラレビンの元祖(初代)です。スタイルは今見ても魅力的ですね♪何と言っても「オーバーフェンダー」がいいですね~。エンジンは「2T-G型」 1.6L 直4 DOHCを筆頭にバリエーションがあります。駆動方式はもちろんFR♪最高出力は2T-G型 115ps/6,400rpm今でこそ最高出力(馬力)は平凡ですが、車重が855kgと軽量なためキビキビした走りが...

続きを読む

2月3日は日産の日です

2月3日は「2(にっ)3(さん)」日産の日です※注:語呂合わせであり「公式」ではありません。私と日産自動車との出会いは幼少の頃にさかのぼります。自宅に自動車がなかった事もあり、人一倍「クルマ」に興味をもっていた当時の少年は、日に日に車に対して特別な感情を持つようになりました。  【ブルーバード】そんな中で、田舎に行った時に従兄弟が乗っていたのが当時のブルーバードでした。セダンが全盛期の時代に2ドア...

続きを読む

1月30日は「S130Z」の日です

1月30日は「S130Z」の日です出典:クルマのイラスト制作のくーぺS130は、S30の正常進化のモデルとして登場します。先代のロングノーズ・ショートデッキスタイルを継承しながら、130はややワイドサイズとなりました。2.0Lの「200Z」と2.8Lの「280Z」の2つのL型エンジンを設定。また、国産車で初めてTバールーフ仕様車を追加。オープンタイプはダットサン・フェアレディからフェアレディZに移行されてからは初の生産となり、...

続きを読む

1月25日は「125ccの日」です

1月25日は「125ccの日」ですホンダ CT125・ハンターカブ出典:ホンダ今、原付2種(125cc)が熱い!近年、バイクメーカーも125ccに新型を投入するなど、元気のあるクラスではないでしょうか。さらに、2018年7月に道路交通法施行規則の一部が改正され、排気量125ccまでのATバイクに乗れるいわゆる「AT小型限定普通二輪免許」の取得要件が緩和されました。原付2種のメリットを見てみましょう。維持費が...

続きを読む

プロフィール

やまさん(カー吉)

Author:やまさん(カー吉)
はじめまして。やまさんです。
企業戦士として日々奮闘しています。
クルマ好きなカー吉です。よろしくお願いします。
<主な資格>
「カーソムリエ」

カウンター

フリーエリア

サイトポリシー

「リンク」 リンクフリーです。リンクして頂ければうれしいです。 ブログ内の画像や図等は基本的に管理人が撮影または作成したものか、 フリー素材を使用しております。 それ以外の場合は出典を明記するように心掛けています。 万が一、問題がある場合は管理人までご連絡ください。 すみやかに対処いたします。 「免責事項」 当ブログのコンテンツについては、可能な限り正確な情報を記載するよう努めておりますが、 必ずしも正確性、信頼性を保証するものではございません。 当ブログに記載された内容によって生じた、損害等の一切の責任は負いかねますのでご了承ください。 本免責事項および当ブログのコンテンツは予告なしに変更、または削除することがあります。 「著作権について」 当ブログに掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 但し、全文転載はお断りしております。 引用許可範囲についても、予告なくこれを変更することがあります。                                 以上